婚活バーとは

婚活用語辞典 婚活用語辞典

婚活バーはお酒を酌み交わしながら、バー特有の雰囲気において異性とコミュニケーションを取ることができる場所であり、既存の婚活とは違う新たな形の婚活のやり方です。

婚活ということもあり、結婚を前提とした相手を見つけることが目的であることは確かですが、その中でも会話によるコミュニケーションに重視した場所になっており、合コンのような雰囲気にはなりにくいのが特徴です。
また一見さんがふらっと立ち寄るような場所ではなく、そのほとんどは会員制となっており、安心してコミュニケーションがとれるのも魅力的な部分です。

最初に婚活バーを利用する際には会員になることが求められます。最初に身分証の提示を行いますが、ここには本人確認や年齢確認の要素も含んでいます。

ざっと簡単なプロフィールを記載し、好きなタイプなどを記せば登録は完了です。

利用料金についてですが、婚活パーティーとそのあたりは変わらず、男性が多く支払うケースがほとんどです。チャージ料金などはお店によって異なるため、細かな部分はお店によって違いますが、簡単な仕組みはどこも同じようなものです。

婚活バーの特徴

お店側がプロフィールを見ながら自分に合いそうな人をマッチングしてくれることがあるのも特徴です。

また自分が飲んでいる時に相手を連れてくることもあります。
こうしたケースではたくさんの異性とコミュニケーションをとってもらうように、30分程度を目安に席の移動を求めるところがほとんどです。

中にはすべてを自由にさせてくれるところもあるため、自分のやり方で進めていきたい人にはそちらがおすすめです。婚活バーのシステムは店によって異なるため、どのような違いがあるかも見ておきたいです。

例えば、制限時間を設けて、バーの店員が仕切りながら進行するところがあります。

スケジュールが決まっており、時間が空いたからフラッと立ち寄るようなことはできず、最初から目的をもっていくような形です。この場合のメリットは男性と女性の比率がバランスよくなっている点です。

自由な婚活バーはその点、気軽に入店できますが、男女の比率がいいとは限りません。

同じような婚活バーであったとしても、店によって特徴が違うことから、会員になる場合はそのあたりも見ておくことが大事です。

婚活バーのマナーについて

マナーも身に付けないといけません

結婚を意識する人が集まるため、身なりを整えるのは重要であるとともに、居酒屋の感覚で行けば普通に嫌われてしまいます。
キャバクラの感覚で行けば相手は真剣に出会おうとしており、失礼です

女性の中には派手な服装をする人がいますが、こうしたものも相手にはあまり歓迎されません。

お酒を飲みながら異性との会話を楽しむ場所である一方、少しだけお酒が飲めるという人もいます。自分のペースというのがあるため、それを見守ることも大事です。最悪なのは酔っ払って酷い姿を見せることで、それをやってしまえば出会いはありません。節度ある楽しみ方が求められています。