成婚料(せいこんりょう)とは

婚活用語辞典 婚活用語辞典

世間一般の人が婚活という言葉にすっかり慣れてから久しいですが、そのおかげなのかひと昔前を比べて結婚相談所に登録するという事が、それほどハ-ドルが高いことと認識されなくなったのではないでしょうか。

それは、自分の結婚の条件に合った相手をピンポイントで紹介してくれる結婚相談所は、結婚に1番近い出会いの場所であるということが認識されたということに他なりませんが、登録の際にやはり気になるのは料金です。

相談所自体には全く抵抗がなくても料金が高いため、二の足を踏んでしまうという人は実は少なくはありません。しかも、場合によっては「成婚料」というものが発生するため、登録の際には慎重にならざるを得ないということがあります。

成婚料とは結婚相談所の利用料金

さて、結婚相談所の成婚料とは、紹介した相手と交際が進み、晴れて結婚という事になった際に発生するお金のことですが簡単に言うと、

相手を紹介してくれたおかげで結婚できた謝礼」と考えてください。

相場は、5万円から20万円と結婚相談所によってかなり金額が変わってきます。そして、中には全くこういったものが発生しないというところもあるので覚えておくと良いでしょう。

しかし、成婚料が発生するからという理由だけで、その相談所を敬遠するというのは少し判断が速すぎると言わなければなりません。

何故なら、このお金が発生することで得られるメリットもあるからです。まずは一般的に成婚料が発生する結婚相談は、サポ-トが手厚いということが言えます。

つまり、一生懸命お見合いの相手を探してくれるという訳です。

入会したは良いが、全然お見合いが成立しないと嘆いている人の多くは、結婚までこぎ着けても料金が発生しないという場合が多数です。

しかし、成婚料をもらっている限り、そこは利益を得るところなので、担当者も親身になってサポ-トしてくれるはずです。

お見合いの成立が高くなると、必然的に成婚率というのも高くなります。

料金が発生しなかったとしても、なかなかお見合いをセッティングしてくれないのなら、それは出会いがないということと同じことになってしまうのではないでしょうか。

そう考えるとこの料金の発生についてをどう考えるかという事はその人次第ということになります。

たとえ高い相場の方の20万円であっても、自分にピッタリの人生の伴侶と出会えたという事を考えたら、それほど高い料金ではないということも言えるでしょう。

何度も婚活パ-ティ-や成婚までたどり着かないお見合いを繰り返していたら、いつの間にかそのぐらいの出費はしてしまっていたということも十分に考えられることです。

成婚料の安さで結婚相談所を決めるべきではない

結婚相談所というのは、どちらにしても入会金を支払わなければ登録することはできません。

ただ料金が安いからという視点で決めてしまったら、後悔することになるかもしれないということを覚えておきましょう。

成婚料というのは、結婚できなければ発生しない料金です。発生しないかもしれない費用を心配する前に、結婚までたどり着けるような相談所を選ぶことが肝心です。