独身証明書(どくしんしょうめいしょ)とは

婚活用語辞典 婚活用語辞典

独身証明書という書類があり、この証明書は名称の通り、独身を証明してくれる書面のことです。

2000年から発行されるようになった未婚であることを証明するための書類で、この証明書が発行されるようになった背景は個人情報保護が関係しています。

要するに求める世論があったわけで、それまで独身であることを証明するには、戸籍謄本か戸籍抄本を手配する必要がありました。

戸籍謄本や戸籍抄本には本人の出生の情報や両親の情報などの細かな個人情報が含まれているので、独身であるだけを証明するための書類としては不都合です。

それ以外の個人情報が含まれることに疑問の声があったことにより、氏名と生年月日、本籍、独身である文面のみが記載された独身証明書が生まれたのです。

結婚証明書と比べるとあまり知られていませんが、最近になって必要なシーンが増えてきています。

結婚相談業者に提出する証明書として

独身証明書とは、地方自治体で発行しているその人が独身であることを証明するものです。

書面には本人の氏名と生年月日、本籍地と共にその人が独身である旨が記されてあり、結婚相談業者に提出する証明書としてよく利用されています。

国内の結婚情報サービスや結婚相談業者に提出するのが使用用途の大半を占めているので、他の証明書と比べると使用機会は限定的と言えます。

民法732条の重婚の禁止の規定に抵触していなくて独身であることを証明するもので、法律に規定があるわけではありませんが一般行政の証明の一種です。

独身証明書の入手方法

独身証明書はどこでももらえるわけではなく、本籍地のある市区町村でないともらうことはできません。

取得するには本籍地の市町村役場に行く必要があり、自治体によって取得の流れは少し異なりますが一般的な流れは決まっています。

運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの本人確認書類と印鑑を持って、市民課等の窓口を訪れます。

請求書に住所と氏名等の必要事項を記入し、印鑑を押印して提出すると発行してくれるのですが、発行手数料として1通300円程度が必要です。

役所に行くことが難しい場合は、郵送で申請することも可能です。

その場合、申請書と82円切手を貼付した返信用封筒、発行手数料の定額小為替、身分証のコピーを同封して窓口に郵送すると、1週間ほどで送られてきます。

結婚相談所でのトラブル防止に

結婚相談所でいい相手に巡り会えたと思ったら、実は既婚者だったというトラブルは絶対にあってはならないことです。

独身証明書はそうしたトラブルを回避するための有効な書類で、地方自治体が発行しています。

結婚相談所が提出を義務づけているのは、そうすることで相手が既婚者ではないかという不安を抱くことなく安心してパートナーに出会うことができるからです。

世の中には色々な証明書がありますが、独身証明書は独身でないともらうことができない貴重な証明書です。

使用されるのは圧倒的に結婚相談所の入会時が多いのですが、最近は婚活パーティでも提出を求めるところがあります。

参加者に提出を義務づけている婚活パーティは、それだけ結婚に対する本気度が高い証明と言えるでしょう。