朝婚活(あさこんかつ)とは

婚活用語辞典 婚活用語辞典

結婚相手を探す手段の一つとして定着しているのが婚活ですが、近年では朝婚活が注目を集めています。

婚活にはさまざまな方法が挙げられますが、婚活パーティーに参加したり、中には結婚相談所に入会し活動している人も多いものです。

仕事がある日の夜にパーティーに参加するという人もいるかもしれませんが、多くの場合、メインとなる活動は休日になることでしょう。
仕事が休みの休日の朝から婚活をするなんて大変そうだという人も多いかもしれませんが、その分朝婚活にはたくさんのメリットがあります。

朝婚活と聞くと実際に何時から始まるのかと気になる人がいるかもしれませんが、パーティーによっても異なりますが多くの場合10時、もしくは11時ぐらいから始まります。

10時ぐらいに開催されると、パーティーが終わる時間は12時や13時になります。休日に朝早くからバタバタと用意をして出かけるということもあり、朝ご飯をしっかりと食べられないという女性も多いものです。

そのためカップリングに成功すると、多くの確率でそのあとすぐにランチに誘いやすくなります。昼間であるため明るくて安心だという女性も多いものです。

朝婚活のメリット

そして朝婚活のメリットとしては、本気で来る人が多いということです。休日の朝はやはり遅くまで寝ていたいと思う人が多いでしょう。

それでもしっかり用意をととのえ、朝婚活をすることは、本気度が高くなければできません。

早起きができる相手と出会えるということは、生活リズムが似ている相手と出会えるといえます。婚活が成功し交際が始まったとしても、生活リズムの違いなどによりずれが生じて、お互いに合わないと感じることもあるかもしれませんが、最初から生活リズムが似ている人と出会えれば、このようなずれが生じることも少ないものです。

年収600面円以上の人は朝型が多い

また年収600万人以上の層の場合に朝型である人は60パーセント近い数字をたたき出しているのに対して、年収600万円未満の朝方は40パーセントにも満たないと言われています。優秀なビジネスマンに朝型の人が多いといわれるように、比較的高年収の男性が集まる可能性が高いとも言えるでしょう。

そして女性にとっては一番きれいな状態を相手に見せられるというメリットもあります。

仕事終わりや夕方近くにもなると、1日の疲れが顔に出てしまったり、メイクが崩れてきてしまう可能性もあります。

このような状態で異性に出会うよりも、朝一番のエネルギッシュで前向きな顔や表情を見てもらった方が、相手にも好印象を与えられるはずです。

相手にどう見られるかという点で言うと、朝の方が有利と言えます。

朝婚活のデメリット

反対に朝婚活のデメリットとしては、やはり朝の早い時間帯だとゆっくりしたいと感じる人も多く、人が集まりにくいと言えるでしょう。

また朝早い時間帯はムードを作りにくい時間と言えます。反対にゆっくりと相手と関係を築いていきたいと思う人には、朝が向いているといえるでしょう。