年齢別で最適な婚活方法はあるのか考えてみた

年齢別婚活方法 婚活・恋活

婚活ビジネスの市場はいまや年500億円に達します。この莫大な金額が意味するのは、結婚したいけど結婚できない人が増えていることと、婚活を支援するサービスが充実し成果を上げているということです。

婚活サービスの充実は婚活者にとって喜ばしいことなのですが、選択肢が多すぎてどの婚活サービスが自分にフィットするのか悩んでしまうのではないでしょうか。
そこで1つの目安として、「この年代の方はこの婚活サービスを利用してみてはいかがでしょうか」という提案をしてみます。

20代前半ならスマホのアプリ

20代前半から婚活を意識している方には、スマホの婚活アプリを使ったライトな婚活サービスをおすすめします。

婚活アプリは無料か、有料の場合でも1カ月2千~3千円程度です。女性は完全無料、男性はサービスのグレードがアップし始めると有料になることが多いようです。

婚活アプリは複数存在しますが、利用方法はおよそ次の通りです。

・登録

・異性のプロフィールが検索できる

・気に入った人に「いいね」を送信する

・相手も「いいね」を返したら、アプリ上でメッセージのやりとりができる

・会う約束を取り付ける

婚活アプリのメリットはあまりお金がかからないことと、誰からも干渉を受けないことです。婚活アプリの運営側は、マッチングも出会いのセッティングもしません。
SNSで知り合って実際に会うのと同じ感覚です。

またすべてスマホでことが済むのでとても気軽です。

実際に男女が会ったり、お付き合いすることになったりしても料金は発生しません。成功報酬を支払う必要がないのです。これは結婚相談所とは大きく異なる点です。

その代わり、婚活アプリの運営会社はなんの責任も負いません。婚活アプリでは、運用規約に「他の会員との間で紛争が起きても運営会社は責任を負わない」と記されています。すべて自己責任になるので注意してください。

20代前半の方に婚活アプリをおすすめするのは、SNSに慣れているからです。婚活アプリのメッセージ機能を使ううえでのマナーも心得ているはずです。

若い人ほど、婚活アプリを使いこなせるでしょう。

20代後半なら婚活パーティー

20代後半の方は、婚活パーティーに挑戦してみてはいかがでしょうか。婚活パーティーでは「生の婚活」も実行できますが、「婚活を学ぶ場」でもあるからです。

婚活パーティーは婚活中の男女がレストランなどに集まり、食事をしたりフリータイムをすごしたりしながらお気に入りの異性を探すイベントです。主催者側が司会進行をしてくれ、初対面でも会話しやすい雰囲気をつくってくれます。
婚活パーティーでは一度に多くの異性と会え、グループで和気あいあいとトークすることも、1対1で会話する機会もあります。

参加者が主催者側に気に入った人リストを渡し、それが男女でマッチングすれば連絡先を交換し合えます。
その場で意気投合できれば、パーティー終了後に2次会に誘い出すこともできます。

また、その場に気に入る人がいなければ、後くされなく終わることができるのも魅力です。

婚活パーティーに参加するには、まず運営会社のサイトで登録する必要があります。ここまでは無料です。登録すると婚活パーティーがいつどこで開催されるか知ることができます。その婚活パーティーに参加すると参加費が徴収されます。

参加費はパーティー会場のグレードやイベントの内容にもよりますが、女性1,000~2,000円、男性6,000~8,000円といったところです。

結婚願望をお持ちの方が20代後半に入ると「結婚したい」「結婚しなければ」という気持ちが強くなってくるはずです。こちらから出会いの場に出向くという積極姿勢が必要になります。
それには婚活パーティーがよいでしょう。

30代前半なら街コン

真剣に結婚を考えている人がそのまま30代に突入すると、「もっと積極的にいかなければならない」といったあせりが出てきます。
また、婚活パーティーや婚活アプリなどのライト系婚活サービスに飽きてくる年ごろでもあります。

そこで30代前半の婚活者におすすめしたいのが、街コンです。

街コンは街を舞台にした合コンです。
繁華街の複数の飲食店をはしご酒するものや、アニメや鉄道など特定の趣味を持つ男女がゆかりの地で街ブラする企画もあります。婚活パーティーよりアクティブ性が増します。
参加費は婚活パーティーと同額(女性1,000~2,000円、男性6,000~8,000円)ぐらいか、それよりやや高いぐらいです。

30代後半なら婚活バス

30代後半に入ると、「40歳までに結婚したい」という気持ちが高まります。これは20代後半のときの「30歳になるまでには結婚したい」という気持ち以来の、約10年ぶりの感情です。
結婚願望は10年の節目で強くなる傾向があるのです。

そして、30代後半は「絶対に結婚する」と決意するか、「もうずっと独身でいいかも」とあきらめてしまうかの岐路に立たされます。
「40歳までに」と強く思う方は、婚活バスに参加してみてはいかがでしょうか。

婚活バスは、婚活サービスとバス旅行を組み合わせたイベントです。午前10時ぐらいに男女が集合して貸し切りバスに乗り、観光地に向かいます。主催者はバスの中や昼食時、観光地などの要所要所でマッチングや会話の機会をつくってくれます。

婚活パーティーの参加者より真剣に結婚を考えている人が多いですし、街コンよりアクティブです。
参加費は、女性は3,000円程度で、男性は1万円近くかかることもあります。

40代なら結婚相談所

40代の婚活者の心持ちは、あせるか開き直るかのどちらかでしょう。「絶対に40代で決める」と思うか、「こうなったら50代に突入してもやむを得ない」と考えるでしょう。
どちらの心境になっても、頼りになるのは結婚相談所です。

結婚相談所は料金が数十万~100万円超と高いという欠点がありますが、デメリットはそれくらいです。
紹介してもらえる異性の素性は結婚相談所が調査済みですし、お見合いサービスという「本気の場」の提供もあります。結婚コンサルタントの助言も、会員の将来を見据えたより現実味を帯びた内容になります。
結婚相談所に登録する人は真剣度が違います。ということは、結婚に対して自分と同じ真剣度を持った異性と出会えるということです。

40代の方であれば、結婚は理想だけでは成立しないことがわかっているはずです。30代まででは受け入れられなかった「妥協のうえでの結婚」も、決して悪いことではないと気がつくことができます。

結婚相談所は、ベストの結婚ではなく、最高のベターな結婚を目指します。結婚相談所のコーディネーターは、40代の会員には例えばバツ1の異性を紹介することもあります。

結婚相談所が強みを発揮するのは、40代以降の方々へのサービスかもしれません。

まとめ~20代で結婚相談所も「あり」です

年代ごとのおすすめ婚活サービスをみてきましたが、これはあくまで目安と考えてください。

例えば、高級フレンチは年配者が向いていますし、パンケーキ屋には若い客が多いのですが、20代で高級料理を食べてもいいですし、40代の人がパンケーキを食べても問題ありませんよね。
それと同じように、「30歳までに子供産んでおきたい」と考えている女性は早めに結婚相談所に相談してもいいですし、また40代の方もぜひ婚活パーティーに参加してみてください。

いろいろなイベントに参加して、婚活を楽しんでください。