結婚相談所の一般的な費用内訳解説

結婚相談所の費用 結婚相談所

婚活中の方の中に、「結婚相談所はフォローは確かなんだろうけど費用が高い」と感じている人は少なくないでしょう。しかし、実際に結婚相談所を使って見事に結婚した人の多くは「妥当な価格だった」と振り返っています。

つまり結婚相談所の料金を高いとみるか妥当と感じるかは、サービスに価値を見出せるかどうかにかかっているということです。
しかし婚活中の方はまだ結婚にたどり着いていないため、その価値を実感することは難しいでしょう。

そこで結婚相談所が提供しているサービスの内容とそれぞれの価格を紹介します。
結婚相談所に「その値段に見合う価値」があるかどうかを見極める参考にしてみてください。

大体の相場は年20万~50万円。価格差はサービスの質の差

結婚相談所をフルに活用し、入会から1年で成婚に至った場合の料金は、大体20万~50万円と考えておいてください。
これだけの差があるのは「サービス内容の差」です。

安いけどよくない業者は存在する

残念ながら、安かろう悪かろうの結婚相談所は存在します。そのような低質な業者が存在するのは、この業界では「当社としては全力を尽くしましたが、ご縁がなかったようですね」という言い訳が通用してしまうからです。
結婚という人と人の出会いづくりでは、どうしても企業努力では及ばない範囲あるので、結婚相談所は会員が結婚できなかったとしても責任を取らなくていいのです。

よい出会いのための出費は惜しまないほうがよい

ただ「企業努力」の質と量は企業によって異なります。
高品質のサービスを大量に提供してくれる結婚相談所を使うと、よい出会いに巡り会える確率は高くなります。その代わり利用料も上昇するというわけです。

確かに年間20万円の費用は、年間50万円より魅力的です。しかし50万円のコストをかけなければよい出会いに巡り会えないとしたら、価格差の魅力は吹き飛んでしまいます。
「やはり20万円コースではなく50万円コースにしておけばよかった」と後悔することになるでしょう。

結婚相談所のサービスはコスト高

例えば、3人の中からパートナーと選ぶのと30人の中から選ぶのとでは、どちらのほうがよい出会いに巡り会える可能性が高いでしょうか。もちろん後者です。
よい出会いに巡り会うには、婚活者はなるべくたくさんの人と接点を持ったほうがいいでしょう。

ということは、結婚相談所は多くの会員(婚活者)を集めなければならないわけです。多くの会員を集めるには、広告を打たなければなりませんし、成婚の実績を積んで婚活者たちに信頼してもらう必要もあります。
広告には広告費がかかりますし、成婚数を増やすにはカウンセラーをたくさん育成しなければならず人件費がかさみます。

また結婚相談所は、会員が異性会員の情報を閲覧するコンピュータシステムをつくらなければなりません。
実績があり、会員の評判がよい結婚相談所には立派な閲覧システムがあり、異性会員の情報が簡単に手に入ります。閲覧システムはお金をかければかけるほど便利になるので、ここにもコストの問題が出てきます。

そして、このシステムは会員たちの「超重要な個人情報」が入っているので、万が一にも個人情報を流出させるわけにはいきません。ということはセキュリティを強化しなければならず、これにも多額のお金がかかります。

このように、結婚相談所は高コスト体質なのです。結婚相談所を運営するには、多額の経費が必要になるのです。
「だからよい結婚相談所の料金は高い」のです。
それでは次に、具体的な料金プランをみていきましょう。

年間28万円の結婚相談所A社の料金内訳

まずは安いほうの料金についてみてみましょう。神奈川県の結婚相談所A社は1年間の費用が約28万円になります。
料金の内訳は以下の通りです。消費税抜きの金額です。
入会金:20,000円
登録料:30,000円
月会費:7,000円
お見合い取り次ぎ料:5,000円/回
お見合い付き添い料:5,000円/回
成婚料:100,000円

それでは1年間の費用をシミュレーションしてみましょう。

まず入会金とは別に登録料が設定されています。登録とは、閲覧システムに会員の個人情報を登録することをいいます。この2つで50,000円になります(A)。

月会費は退会するまで毎月かかる費用ですので、1年間入会すると84,000円(=7,000円×12カ月)になります(B)。

お見合いは、会員が閲覧システムで気になる異性会員を見つけ、「会いたい」と意思表示を行い、その異性会員が「会ってもいい」と回答したときにセッティングされます。
お見合い取り次ぎ料は、お見合いをセッティングするまでにかかる費用で、1回のお見合いごとにかかります。またお見合いの会場での飲食費は含まれていません。
例えば1年間で5回お見合いを行えば25,000円(=5,000円×5回)かかります(C)。

お見合い付き添いは、希望すれば結婚相談所のカウンセラーがお見合いの席に同席してサポートしてくれるサービスです。これも1年で5回使えば25,000円になります(D)。

そしてお見合いした人と結婚や同棲などに至れば、晴れて「成婚退会」となります。そのとき100,000円が請求されます(E)。
A+B+C+D+Eの総額は284,000円になります。

結婚相談所A社ではこれだけのことをしてくれる

それではもう少し詳しく、この結婚相談所A社のサービス内容をみてみましょう。
ここでは無料でカウンセリングを行っています。カウンセラーが会員の婚活状況や異性の好み、タイプ、相手に求める内容、趣味、将来設計などをヒアリングします。

またA社は日本結婚相談所連盟の会員企業となっています。日本結婚相談所連盟には、男女合わせて約6万人の婚活者の情報を保有しています。
A社は同連盟の会員企業なので、この6万人分の個人情報にアクセスすることができます。6万人が男女半数ずつだとすると、A社の会員は3万人分の異性の情報に接触できるということです。

結婚相談所A社の会員が異性会員の中からお見合いを見つける方法は次の3通りがあります。

  • 会員自身が閲覧システムを使って異性会員を見つける
  • 異性会員からお見合いの申し込みを待つ
  • A社のカウンセラーから紹介を受ける

閲覧システムで気に入った異性会員をみつけたら、お見合いを申し込みます。お見合いの申し込みはA社のカウンセラーが相手に伝えます。
異性会員からお見合いの申し込みも、カウンセラー経由で届きます。お見合いの申し込みを受けた会員は、受けるかどうかカウンセラーに回答します。
両者の意向が合致しればお見合いとなります。
お見合いは原則、ホテルのラウンジで1時間ほど行う内容になっています。

電話番号も交換もお断りもカウンセラー任せだから安心。交際中の相談も可能

お見合いをしてすぐに意気投合することはまれでしょう。大抵は「後日あらためて」となります。
もし、もう一度会いたいと思ったら、A社のカウンセラーに相手の電話番号を尋ねることができます。カウンセラーは本人に「お見合い相手に電話番号を開示していいかどうか」尋ねます。相手が承諾すれば電話番号を教えてもらえます。
もし相手が電話番号を尋ねてきたものの、もうその相手と会いたくない場合は、A社のカウンセラーが相手に「やんわりと」相手を傷つけないように断ってくれます。
またお見合いをした会員どうしが交際をスタートさせても、カウンセラーは交際中の悩み事の相談にのってくれます。

年間45万円の結婚相談所B社の料金内訳

次に紹介するのは、全国でサービスを展開している結婚相談所B社の料金構成です。いずれも消費税を抜いた金額です。
入会金:30,000円
初期費用:150,000円
月額会費:14,000円
成婚料:100,000円

B社を1年間利用して成婚退会すると、448,000円になります。計算式は次の通りです。
30,000円+150,000円+14,000円×12カ月+100,000円=448,000円

B社は「7カ月」が売り

B社は成婚までの速さを売りにしています。B社を使って成婚した人が、入会から結婚までに要した期間は平均7カ月でした。
絶対数でいうと、男性は6カ月で結婚した人が最も多く、女性は4~5カ月で結婚した人が最も多かったそうです。

速さを支えるサポート力

B社の成婚の速さを支えているのは、コンサルタントのサポート力です。
閲覧システムに掲載するプロフィールづくりでは、コンサルタントが指導してくれるので、自分の魅力をふんだんにアピールすることができます。
また月に数回、コンサルタントからメールや電話がきます。会員が深く悩んだり落ち込んだりする前に助言してもらえるので「婚活モチベーション」を維持できます。
また婚活では、出会った人に断られたときの立ち直りに時間がかかりますが、B社では「交際不成立時フォロー」を徹底しています。振られてもすぐに次の出会いに向かうことができるので、成婚確率が高まるというわけです。

その他のサービスについては、先ほど紹介したA社と同様の内容になっています。

C社の女性会員向け医師コースは年間52万円

結婚相談所C社は女性会員向けに医師の男性を探す「医師コース」を用意しています。入会から1年間で結婚すると約52万円かかります。内訳は以下の通りです。税抜価格です。

  • 入会金:50,000円
  • 登録料:30,000円
  • メイクレッスン+写真撮影:60,000円
  • 月会費の1年分:177,600円(=月14,800円×12カ月)
  • お見合い料:月2回まで0円
  • 成婚料:198,000円

この女性会員向け男性医師探しコースは52万円という高額ぶりですが、これには結婚相談所の事情があります。
C社では、男性会員の料金を抑えているのです。つまり男性会員から相応のコストをもらわない代わりに、女性会員の料金が上がってしまうわけです。

医師、弁護士、司法書士、東証一部上場企業社員の男性で、年収が20代で500万円以上、30代で600万円以上、40代で700万円以上の人は、入会金も月会費も無料で、お見合い料1回10,000円、成婚料300,000円がかかるだけです。
これなら入会しても結婚しなければ1回10,000円のお見合い代しかかかりません。気に入った女性がいなかったらいつでも気兼ねなく退会できます。

つまりC社は、ハイクラス男性に入会しやすくして、ハイクラス男性との結婚を希望する女性のニーズに応えているわけです。

まとめ~サービスの内容に応じた値段設定

結婚相談所の料金はフェアに設定されているといえるでしょう。サービスが行き届けば高くなりますし、「とりあえず相手を紹介してくれればあとは自分でなんとかする」という婚活者は費用を安く抑えることができます。
自分に合ったサービスと納得できる料金を提示している結婚相談所に出会えるといいですね。